テレクラ出会った美人と体験記 女性専用 テレクラ 神奈川県 大和駅 店舗 レポート 無料テレホンSNSサイト

D(ホステスとして働く)「高級なバッグとかおねだりしたら一発じゃないですか?あたしも、他の人にも同じやつ贈ってもらって1個除いて買取に出す」
筆者「えっ?プレゼントなのにどうなるんですか?」
D(ナイトワーカー)「けど、皆も質に流しますよね?箱にしまったままだと邪魔になるだけだし、高く売らないと、バンバン使われたほうがバッグも幸せかなって…」
E(十代、国立大在籍)信じられないかもしれないですが、わたしなんですが、トレードしますね」
C(銀座サロン受付)「ライブチャットを通して複数の儲かるんですね…私は一回もブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。ライブチャットを使ってどのような異性が直で会いましたか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった男性はいませんでした。そろって、写真とは違うイメージでタダマンが目的でした。わたしはというと、ライブチャットとはいえ、まじめな出会いを求めているので、考えていたのに、いきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「ライブチャットを使って、どういった異性と出会いたいんですか?
C「理想が高いかも思われそうですけど、医者とか弁護士の方とか国立大在学中の出来のいい人を探しています。
E(国立大に在籍中)わたしは、国立大で勉強していますが、ライブチャットだって、エリートがまざっています。ただ、おすすめする相手でもない。」
ライブチャットの調査を通してわかったのは、オタクへのネガティブな印象のある女性はなんとなく少なからずいるようです。
アニメやマンガが親しんでいるようにかの日本でも、今でも身近な存在としてのとらえることは至っていないようです。

関連記事

Post Media Link

無限 充司