テレフォン 静岡 ヤリマン ライブちゃっと 熟女出会い体験談

質問者「もしや、芸能界に入るにあたって売れていない人って、サクラを同時に行っている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと思われます。サクラのお金稼ぎって、シフト自由だし、僕らのような、急に必要とされるような仕事の人種にはばっちりなんですよ。事前に読めない空き時間にできるし、めったにできない経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「良い経験にはなるよね、女としてやり取りをするのは大変でもあるけど自分たちは男目線だから、自分が言われてうれしい言葉を伝えてあげれば言い訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから、男性もやすやすとのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「逆に言えるが、女性のサクラをやっている人は利用者の心がわかってないから正直なところを言うと下手っすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男がサクラをやる方が秀でた結果を残しているのですか?」
D(とある芸能事務所在籍)「はい。秀でた成績を残しているのは大体男性です。だがしかし、僕は女性のキャラクターを演じるのが苦手なんで、いつも叱られてます…」
E(某芸人)「基本、正直者がバカをみる世界ですね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女性の人格をやりきるのも、相当苦労するんですね…」
女の子の人格のどう演じるかの話が止まらない一同。
会話の途中で、ある発言をきっかけとして、自称アーティストだというCさんに関心が集まったのです。
ライブチャットですが、ユーザーのいつもどのようなことをなっているのか。
この質問の回答を求め、今日は、ネットを通じて質問者を集めて、都内にあるカフェでインタビューを実行しました。
来てもらったのは、ヒマさえあればライブチャットの知り合いと絡んでいる男女五人。
男性メンバーについては、会社の従業員A、離婚後子供を引き取ったB、ホストとして働き始めたばかりのC、女性の方は、警備員として働くD、駆け出しのグラドルEの2人です。
最初に、筆者はメンバーに、簡単なアンケートを実施してその答えに応じて、話題を広げてインタビューを実施しました。
筆者「今から、アンケートにこれまでライブチャットによってやり取りをした男性が二十人を超えると答えたEさんの話を掘り下げていきたいんですが、どんな手段でそこまで多くの男性と関わりを持ったんですか?」
E(グラドルになって日が浅い)「わたしはですね、日によって男性をチェンジするんです」
筆者「別の相手って言いますが、その日あった人とは違うって意味ですか?」
E「物足りなくなるんですよ。ついでに言うと、相手なんて他にも他にもいろいろいるだろうから、メアドも消してしまう。あっちから連絡来てもライブチャットなんていくらでも相手はいるって思ってどうでもよくなる」
型にはまらないEさんの話に、「何もトラブルなどはなかったのか」と感心するCさん、Dさん。
その後、Aさんがセンセーショナルな話を筆者に白状してくれました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司