SM テレクラ 外人エロ 海外 美ー 無料ツーショットダイアル カップル

D(キャバクラで働く)「有名ブランドのバッグなんて頼んだらちょろくないですか?あたしもそうなんだけど、何人かに同じプレゼントもらって1個だけもらっていてあとは現金に換える
筆者「本当に?プレゼント現金に換えるんですか?」
D(ホステス)「びっくりしてるけど皆も売却しますよね?飾ってたってしょうがないし、旬がありますし、欲しい人に買ってもらった方がバッグは使うものなので」
E(十代、国立大の女子大生)すみませんが、Dさん同様、私も質に出しますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)「ライブチャットを通じてそんなお金が手に入るんですね…私はまだまだプレゼントを売ったりとかはないです」
筆者「Cさんって、ネットの出会いでどんな人と絡んできたんですか?」
C「高級レストランすら相手には会わなかったですね。共通してるのは、パッと見ちょっとないなって感じで、単にヤリたいだけでした。わたしはですね、ライブチャットについてはこの人はどうかなって期待していたのに、いきなりセックスするのはムリですね。
筆者「ライブチャットではどういう相手を知り合いたいんですか?
C「目標を言えば、しれないですけど、医療関係者とか法律関係の方とか国立大学にいるような高学歴の人がいいですね。
E(国立大に通う)わたしはですね、国立って今通ってますけど、ライブチャットにもまれに同じレベルの人間はそれなりにいます。問題は、偏りが激しい人間ばっかり。」
ライブチャットでは、オタクを嫌悪感を感じる女性が見たところ人数が多いみたいです。
クールジャパンといって一般化しつつある言われている日本でも、まだ一般の人には市民権を得る段階には言えるでしょう。
質問者「もしかすると、芸能界で売り出し前の人って、サクラを収入としている人が沢山いるのでしょうか?」
E(とある芸人)「はい、そうですね。サクラの役って、シフト結構融通が利くし、私たしみたいな、急にオファーがきたりするような生活の人にはお互いにいいんですよ。予測できない空き時間にできるし、人生経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「経験になるよね、女性としてやりとりをするのはなかなか大変だけど俺らは男目線だから、自分の立場でうれしい言葉を相手に投げかけてやればいい訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから、男性も簡単に飛びつくというものなのですよね」
A(メンキャバ働き手)「反対に、女の子でサクラの人は男性の心がわかってないから本当は下手っすよね」
著者「女の子のサクラより、男性のサクラの方が比較して優れた結果を残しているのですか?」
D(とある芸能関係者)「はい、そうです。秀でた結果を残しているのは大体男性です。しかし、僕は女の役を作るのが下手くそなんで、いつも叱られてます…」
E(芸人事務所の一員)「知られている通り、正直者がバカをみる世ですね…。女の子を演じるのが大変で…僕らも苦労してます」
ライター「女性になりきって成りきるのも、想像以上に苦労するんですね…」
女の子のキャラクターのどのようにして演じ切るかのトークで盛り上がる彼女ら。
そんな会話の中で、ある発言をきっかけとして、自らアーティストであるというCさんに興味が集ったのです。

関連記事

Post Media Link

無限 充司