SKYPE 掲示 エロイプ アプリ 桜 チャット 個室 山梨 不倫 ライチャ さいたまテレフォンチャンス ネット品川

本日聴き取りしたのは、驚くことに、以前よりサクラの契約社員をしていない五人の男!
欠席したのは、メンキャバで働くAさん、現役大学生のBさん、売れない芸術家のCさん、某芸能事務所に所属する予定のDさん、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「では始めに、始めたキッカケを聞いていきます。Aさん以外の方お話しください」
A(メンズクラブ勤務)「小生は、女心なんか興味なく気がついたら始めていました」
B(大学2回生)「おいらは、稼げなくてもいいと思えず始められませんでしたね」
C(作家)「オレは、ロックミュージシャンをやってるんですけど、まだヒヨっ子なんでちっとも稼げないんですよ。一流になる為には小規模な所から着々と下積みしなきゃいけないんで、こういうバイトでもやりながら、ひとまずアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「ボクは、○○ってタレント事務所に所属してギタリストを目指していましたが、一度のコンサートで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩の紹介でサクラの仕事をやっているんです」
E(中堅芸人)「実を言うと、私もDさんとまったく同じような感じで、コントやって一回ほんの数百円の侘しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、サクラの仕事をすることになりました」
意外や意外、五人中三人ものメンバーが芸能プロダクションに未所属という素晴らしいメンバーでした…、だがしかし話を聞かずとも、五人にはサクラ独自の仰天エピソードがあるようでした…。

関連記事

Post Media Link

無限 充司