SEXライブチャット 外国人美女ー H テレビ電話 国際 テレホン テレフォン掲示板 新潟 蔵

ライター「ひょっとして、芸能の世界で売れたいと思っている人って、サクラでの収入に頼っている人が多いのですか?」
E(とある有名人)「そうだと思います。サクラのお金稼ぎって、シフト他に比べて融通が利くし、俺らのような、急にいい話がくるようなタイプの人には正に求めているものなんですよ。不規則な空時間にできるし、変わった経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「なかなかできない経験になるよね、女の子としてやりとりをするのは骨が折れるけど自分は男目線だから、自分の立場からかけられたい言葉を相手に送ればいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、相手もやすやすと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ一スタッフ)「予想に反して、女でサクラの人は男性客の心がわかってないから正直下手っすよね」
著者「女のサクラより、男がサクラをやる方が秀でた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「はい、そうですね。優れた結果を残しているのは大体男性です。かといって、僕は女の人格を演じるのが苦手なんで、いっつもこっぴどく叱られてます…」
E(芸人さん)「元来、正直者が馬鹿をみるワールドですからね…。女を演じるのが大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女性の役をやりきるのも、相当苦労するんですね…」
女の子の人格の成りきり方についての話が止まらない彼女ら。
その途中で、ある言葉を皮切りに、自称アーティストだというCさんに視線が集まりました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司