札幌 テレクラ 場所 テレえっち、無料、名古屋 電話テレホン 無料人妻

D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとかねだったらいいでしょ?あたしも、何人かに同じ誕生日プレゼントおねだりして1個以外はあとは現金に換える
筆者「マジですか?プレゼント売却するんですか?」
D(ホステス)「ってか、ふつうはそうでしょう?飾ってたってせっかく価値があるんだから高く売らないと、新しい人に使ってもらった方がバッグは使うものなので」
E(十代、国立大学生)ごめんなさい。わたしもなんですけど現金化するタイプです。」
C(銀座のサロンで受付担当)ライブチャットのそういう使い方もあるんですね…私はこれまでトクしたことはないです」
筆者「Cさんに質問します。ライブチャット上でどういう男性とおしゃべりしたんですか?
C「ブランド品なんて男性とは関わっていないですね。多くの場合、普段女の人と関わってなさそうで、体目的でした。わたしにとって、ライブチャットを利用して恋人探しの場としてメールとかしてたのでいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「ライブチャット上でどんな出会いを知り合いたいんですか?
C「批判覚悟でしれないですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大いるような出世しそうな人が好きです。
E(国立大に通う)わたしも、国立大で勉強していますが、ライブチャットを見ていても優秀な人がいないわけではないです。問題は、オタク系ですよ。」
ライブチャットの調査を通してわかったのは、オタクに関して遠ざける女性はどうも少なからずいるようです。
アニメやマンガにも親しんでいるようにように思われる日本ですが、まだオタクを恋愛対象として感覚はないのではないでしょうか。

関連記事

Post Media Link

無限 充司