埼玉アダルトコミュニケーション無料 アンダードテレフォン 落とす方法

先日聴き取りしたのは、ちょうど、以前からサクラの正社員をしていない五人の若者!
顔を揃えたのは、メンキャバを辞めたAさん、普通の学生Bさん、芸術家のCさん、芸能プロダクションに所属しているはずのDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「まず始めに、取りかかるキッカケから聞いていきます。Aさん以外の方お話しください」
A(メンズキャバクラ勤務)「うちは、女心なんか興味なく始めたいと思いました」
B(普通の大学生)「僕は、ガッツリ儲けられれば何でもいいと思ってスタートしましたね」
C(アーチスト)「私は、ジャズシンガーをやっているんですけど、長年やっているのにさっぱり稼げないんですよ。実力をつける為には光の当たらない所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こういう経験をして、ひとまずアンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(有名芸能事務所所属)「俺様は、○○ってタレント事務所に所属してダンサーを夢見てがんばってるんですが、一回のリサイタルで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩に紹介していただいたサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(お笑いタレント)「実を言うと、俺もDさんと同じような状況で、1回のコントでほんの数百円の貧しい生活してるんです。先輩の紹介で、ステマのアルバイトをすることになりました」
たまげたことに、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に所属しているという退屈なメンバーでした…、ただ話を聞かなくてもわかるように、彼らにはステマによくある心労があるようでした…。

関連記事

Post Media Link

無限 充司