ライブチャットお試し チャット  人妻ライブチャット ピンクダイヤル北九州sns

E「そうね、見たまんまオカマなんでね、出会いとかあんまりなくって。セクマイだし、怪しいイメージがあってもライブチャットとか利用しないとねえ」
B(せどりで儲けようと画策中)「Eさんがきっかけで記憶をたどってたんですけど」
筆者「うん?どんなことですか?」
「前に僕、一回だけなんですけど、女の人と思ったらカツラ付けたオカマだった経験覚えがあります」
驚きを隠せないフリーターたち。
A「俺も経験したことある」
B「本当に会ったんですか?僕だけの経験だと思ってました。性別なんて偽れますし、当たり前ですが、異性と知り合いたくて使い始めたんですけど、都合をつけて公園で待ち合わせしたのに、すごい高身長で頑丈そうな男性が待ち構えてて、ちょっと状況が把握できなくて呆然と突っ立っていたら、その男がネットで会った○○さんですか?ユミですって話を始めて」
筆者「オカマに対面した…なんていうのは酷でしょうけど、ゲイだったとか、会ってみたら違ったという人は、このメンバーのうち何割ですか?」
確認を取ると、なんと半分以上が騙されたと打ち明けてくれました。
筆者「ライブチャットの使い方には、女性のように話す性的少数者ってたくさんいるんですか?」
E「そうよ。でないと出会いも見つからないからウソをついてでも探す。わたしも出会いは欲しいからね」
相当ユニークな五人が参加し、インタビューの後も、バトルが盛り上がりを見せました。
ライブチャット上では、性別によらず出会いを見つけたいと思っている人たちが最近の風潮として急増しているという結果になりました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司