らいぶ 無 ライブチャット れずー 無料らいぶちゃっと 海外 SKYPE 掲示板 エロイプ 海外

D(キャバ嬢)「ブランドのカバンとか欲しがったらけっこういけませんか?わたしってば複数の客に同じやつ贈ってもらって自分のと全部売却」
筆者「本当に?もらい物なのに現金に換えるんですか?」
D(キャバクラで働く)「そんな騒ぐことかな?ふつうお金にしません?単にコレクションしてもせっかく価値があるんだから旬がありますし、新しい人に使ってもらった方がバッグだってうれしいっしょ」
E(十代、国立大の女子大生)ショッキングでしょうが、わたしなんですが、お金にします」
C(銀座のサロン受付担当)「ライブチャットを通じてそういった貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私は一回もそういう発想自体ありませんでした」
筆者「Cさんの体験談を詳しく聞きましょう。ライブチャットを使ってきたなかでどんな人と絡んできたんですか?」
C「高いものを送ってくれるような相手には会わなかったですね。どの人もパッとしない雰囲気で、フィーリングとか気にしない人たちでした。わたしの場合、ライブチャットなんて使っていても彼氏を見つける目的でやり取りを重ねたのに、いきなりホテルに連れてかれそうになって信じられませんでした。」
筆者「ライブチャットにアクセスするのはどういう相手を知り合いたいんですか?
C「一番の理想は、しれないですけど、医師の方とか法律関係の方とか国立大学に在学中の出世しそうな人が好きです。
E(現役国立大学生)わたしはというと、国立って今通ってますけど、ライブチャットだって、プーばかりでもないです。それでも、恋愛とは縁がない。」
取材から分かったのは、コミュニケーションが苦手な男性を嫌う女性はどうも優勢のようです。
アニメやマンガが慣れてきたように言われている日本でも、まだオタクを恋愛対象として市民権を得る段階にはないのではないでしょうか。

関連記事

Post Media Link

無限 充司