新潟 テレクラ 電話番号 女性専用 神栖市 テレフォン シンデレラ 安全 平日昼間

ライブチャットに登録する人の一体何がそんなに楽しいのでしょうか?
この質問の答えるべく、ここで、ネットを便利に使ってインタビューする人を集め、とあるカフェで取材を行いました。
ピックアップしたのは、いつもライブチャットでもアクセスするか、といった感覚の男女五人。
男性を紹介すると、会社勤めのA、子持ち・バツイチのB、ホストを始めて間もないC、女性参加者はというと、警備会社で働くD、グラドルデビューしたてのEを加えた2人です。
事前に、筆者は五人の回答者に、アンケート用紙に記入してもらい、その結果によって、掘り下げていく形でインタビューを進めました。
筆者「最初に、アンケートの回答に、これまでライブチャットによって知り合いになった男性が二十人を超えると答えたEさんの話を聞いていこうと思うんですが、どんないきさつがあって大勢の異性と成し遂げたんですか?」
E(駆け出しのグラドル)「わたしが取っているやり方で、毎日相手をチェンジするんです」
筆者「変えるってことは次の日は相手も会うってことですか?」
E「意欲がなくなるんです。ついでに、もっと別にいい人探した方がいいなって思ったら、メアドも消してしまう。それでも来ることあるけど、ライブチャットを使えばいくらでも相手はいるって思って何回も会うことないよなって」
自由にふるまうEさんの言葉を受けて、「そんなにうまくいくはずがない」とショッキングな様子のCさん、Dさん。
そしてその後に、Aさんが驚くべき経験を筆者に暴露してくれました。
「ライブチャット側からしょっちゅうメールに届いた…どうしたらこうなるの!?」と、ビックリした覚えのある方も少なくないでしょう。
筆者にも似たような体験はありますが、そういった場合、ログインしたライブチャットが、自然と数サイトに渡っている可能性があります。
というのは、ライブチャットのほとんどは、サイトのプログラムによって、他のサイトに載っている登録情報を丸ごと別のサイトに漏らしているからです。
当然ながらこれは登録者の要望によるものではなく、全く知らないうちに流用されてしまう場合がほとんどなので、サイトの閲覧者も、システムも分からないうちに、複数のライブチャットからダイレクトメールが
付け加えると、自動で登録されているケースの場合、退会すればいいだけのことと安易に考える人が多いですが、退会手続き効果がありません。
結局のところ、退会できないシステムになっており、別のサイトにアドレスが筒抜けです。
拒否リストに設定してもそんなに意味はありませんし、まだ送れるメールアドレスを作成してメールを送ってくるだけのことです。
日に何百通もくるまでになった場合は遠慮しないで今までのアドレスを変えるしかないので怪しいサイトは避けましょう。

関連記事

Post Media Link

無限 充司