無料テレビ電話 テレホン 会話 テレH 0120 エロ 外国人

ライブチャット等は無くした方が良いと思われる事の方が断然多い筈なのですがライブチャットそのものはインターネットの世界から消えるどころかその数は膨れ上がる傾向にあります。
そのような事から、まだネットの中身の怖さを見た事が無い子供たちは、簡単にライブチャットの入り口へ入り込み、迷い込んでそのまま道徳を外れた被害にあう可能性もあるのです。
年齢認証の規制や、掲示板の利用規約や制限など、様々な形での制約があったとしても、まだインターネットワールドは、「小さな侵入者」を許してしまう状況を維持したままです。
ライブチャットそのものをネットから切り捨てる為にはまずこの若い利用者たちを発生させない事を考える必要があります。
実行する為には先ずはライブチャットそのものを利用出来ないように整えること、そう言う教育を徹底していく事がライブチャットを撲滅する事に繋がります。
基本的に、インターネットの世界の怖さについてを親世代が若年層におしえていくことが当たり前の事にならない限り、小さな子供はライブチャットの業者に騙されて道を外す事になってしまいます。
そのあと、騙されていると知らない未成年たちが増えてしまえば、ますますライブチャット業者もその悪質な手口を拡散させるのです。
騙されてしまう若年層を消さない限り、ライブチャットが消滅する事はありません。
ライブチャットへのめり込んでいる人はいつもどのようなことを求めているのか。
そんな疑問を答えてもらうべく、そこで、ネット上で調査する人を探し、都内の某喫茶店で調査しました。
集まってもらったのは、しょっちゅうライブチャット上の利用をしている五人。
男性陣から順に、サラリーマンのA、離婚後は男手一つで子どもを育てるB、新米ホストのC、女性メンバーを見ていくと、警備員のD、グラドルデビューしたてのEを加えた2人です。
あらかじめ、筆者は五人の回答者に、問診に答えてもらい、その回答によって、話題に取り上げる感じで取材していきました。
筆者「最初に、質問表に、これまでライブチャットにアクセスしてきた中で知り合いになった男性が二十人を超えると答えたEさんの話を深く掘り下げたいんですが、どのようなあらましで二十人もの異性と交渉を持ったんですか?
E(グラドルになりたて)「わたしのやり方で、毎日別の相手にしていくんです」
筆者「チェンジっていうのは、日によって相手も会うってことですか?」
E「飽きるんですよ。ほかには、別にいい人見つけた方がいいなって思ったら、メールは着拒して。しぶとく連絡来ても、ライブチャットだから相手はいくらでもいるって思ったら1回しか会わない」
ちょっと考えられないEさんの言動に「何もトラブルなどはなかったのか」と動揺するCさんとDさん。
すると、Aさんがインパクトの強い体験を筆者に白状してくれました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司