無料ポイント 電話の仕方 テレフォン女 チャット ー 日本 てれくら 名古屋

昨日取材したのは、言うなら、いつもはサクラの正社員をしていない五人の中年男性!
出揃ったのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、現役男子大学生のBさん、芸術家のCさん、芸能プロダクションに所属する予定のDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「始めに、始めたキッカケを質問していきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(元メンキャバ勤務)「小生は、女心が知りたくて気がついたら始めていました」
B(普通の大学生)「私は、ガッツリ儲けなくてもいいと思って躊躇しましたね」
C(作家)「わしは、歌手をやってるんですけど、まだ新米なんでたまにしか稼げないんですよ。スターになる為には光の当たらない所からこつこつ下積みするのがベストなんで、、こんなバイトやりたくないのですが、とりあえずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「私は、○○って芸能事務所にて芸術家を夢見てがんばってるんですが、一度のコンサートで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(若手ピン芸人)「実を言うと、俺様もDさんと似た状況で、1回のコントでたった数百円の貧しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステルスマーケティングのバイトを始めることにしました」
こともあろうに、五名中三名が芸能プロダクションに所属中という貧相なメンバーでした…、ただ話を聞く以前より、彼らにはサクラ独自の苦労エピソードは無さそうでした…。

関連記事

Post Media Link

無限 充司