カップル ライブチャット 新着 テレホンクラブ エッチしたい 電話 痴女 テレフォン TELH掲示板 高齢熟女 ライブ有料 流出

D(キャバクラで働く)「高級なバッグとかちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?わたしなんていろんな男の人に同じ誕生日プレゼントもらって1個除いてほかはオークションに出してるよ」
筆者「本当に?もらったのにそんなことになっていたなんて」
D(キャバ嬢)「言っても、誰も取っておきませんよね?もらっても何も意味ないし季節で売れる色味とかもあるので、バンバン使われたほうがバッグの意味があるんじゃん」
E(十代、国立大学生)聞きたくないことかもしれませんが、わたしもなんですけどトレードしますね」
C(銀座のサロン受付担当者)ライブチャットには何十人も使い方知りませんでした…私はまだまだプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんの話を聞きましょう。ネットの出会いでどんな意図で利用している男性と見かけましたか?
C「高級レストランすらことすらないです。共通してるのは、モテないオーラが出てて、本当の「ライブチャット」でした。わたしにとって、ライブチャットに関しては恋活のつもりで期待していたのに、いきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「ライブチャットを利用して、どういう相手を知り合いたいんですか?
C「何言ってるんだって言えば、お医者さんとか弁護士の方とか国立大いるような優秀な男性がいいです。
E(国立大に在籍)わたしも、国立大に在籍中ですが、ライブチャットの中にも同じ大学の人もいておどろきます。とはいえ、ほとんどはイマイチなんです。」
ライブチャットを見ると、コミュニケーションが苦手な男性を嫌悪感を感じる女性がどういうわけか大多数を占めているようです。
オタクの文化が慣れてきたようにかの日本でも、まだ個人の好みとして見方は育っていないようです。

関連記事

Post Media Link

無限 充司