カメラ エロイプ 交換所 エロ電話 ゼロ 流出 チャット若い

先日掲載した記事の中で、「ライブチャットで積極的だったから、会ったらなんと犯罪者だと言い出した」と言った経験をした女性の話がありましたが、その後この女性はなんと、その男性との交際をスタートさせることになったのです。
そうなったのは、「男性が怪しそうで、どうして良いか分からないままどうすればいいか分からなかった」との話でしたが、さらに色々な話を聞いたところ、彼女のタイプと近いこともあり分かれようとしなかったようなのです。
その彼がどういった罪だったかというと、結構な長さのある刃物を使って肉親である親を刺したという事だったそうで、不可抗力などではなかったと思う気持ちが強くなるかも知れませんが、話した感じではそういった部分がなく、女性に対しては優しいところもあったので、悪い事はもうしないだろうと思って、恋人関係に発展していったのです。
その女性がその後どうしたかというと、気が付くと不審な行動をしているときがあったので、何も話し合いをせずに出て行き、男性とは別の道を進む事にしたという結末なのです。
男性が側にいるというだけでも常にナーバスになっていたので、二人で一緒に暮らしていた場所から、追ってこられても困るので隠れるように出てきたという話をしていましたが、どうも単に怖いと感じる気持ちがあった事も理由としてはあったようですが、言い合いだけで済むような事で、手を出す方が早かったり、暴力だって平気だというような雰囲気をありありと出すので、お小遣いなども渡すようになり、他にも色々な頼み事を聞いて、平穏に暮らそうとしていたのです。
今回は、ライブチャットなら男をあさる十代から三十代まで幅広い女性にリサーチを行いました。
メンバーを見ていくと、既婚者Aに、三股中でギャルファッションに身を包むB、水商売をしているD、最後に、国立大に通うE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーサロンで受付担当をしているC、
これはこぼれ話ですが、三十代女性限定で五人に行いたかったんですが、当日になって断わられたため、そのまま駅のところで「ライブチャットについてのインタビューをさせていただけないか」と何十人か女性にオファーをして、私の怪しい呼びかけにもスルーせずにいてくれた、十代のEさんも五人としました。
開口一番、筆者に先んじて、質問を始めたのは現在三股をかけているBさん。
三十代のギャルB「ライブチャットについては、「みなさんは何があってアカウント作るんですか?私は援助目的で今は三股してばれてません」
おもしろそうにおしゃべりが止まらないBさんに、あとの女性も踏ん切りがつかないながらも自分の話を始めました。
A(既婚者)「私に関しては、事実旦那以外の人に抱かれたいと思ったのが利用し始めたんですよ。友達が知ったらどうかと思われることでもライブチャットで男と会うのは止められないです。」
B「一度アクセスすると常習化しますよね」
筆者「パパ狙いでライブチャットを始める考えの女性は割といる?」
B「お金入らなきゃ使い方ってあります?」
そして、ナイトワークをしているDさんが悪気もなく、男性目線では受け入れがたいことを話してくれました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司