熟女 テレフォン 沖縄県掲示板 SKYPE 彼氏募集 エロイプ ライブチャット 音声付き ツーショットちゃ

筆者「では、5人がライブチャットに女性を探すようになったきっかけを順々に話してください。
取材に応じてくれたのは、最終学歴中卒で、五年間自室にこもっているA、「せどり」で生活費をまかなおうと頑張っているB、小規模の芸能事務所でレッスンを続けながら、アクション俳優を目指すC、ライブチャットなら任せてくれと得意気な、パートのD、ほかにも、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
どの参加者も二十代の前半です。
A(普段は自室から出ない)「俺は引きこもってるんですけど、ネットをいろいろ見てたらすごくルックスのいい子がいて、向こうからアプローチ来て、そこであるサイトに登録したら、携帯のメアド交換しようって言われて、登録しましたね。その後はメールの返信がなかったんです。言うても、他にも女性はたくさんいたので出会えたので」
B(せどりに)「使い始めはやっぱ、自分もメールがきっかけでしたね。ルックスがすごくよくて、ストライクゾーンばっちりでした。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトってのが、機械とか業者のパターンが多くてなかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、未だに使い続けています。
C(俳優志望)「私なんですが、役を広げる練習になると思ってIDを登録して。ライブチャット利用にのめり込んでいく人物の役をもらってそれがきっかけです」
D(パート)「僕はですね、先に利用している友人がいて、影響を受けながら手を出していきました」
忘れちゃいけない、最後を飾るEさん。
この方なんですが、ちょっと特殊な例なので端的に言って全然違うんですよね。
今回は、ライブチャットに男をあさる五人の女性(十代~三十代)を取材させていただきました。
今日来てくれたのは、既婚者であるAと、3人と並行して付き合っているギャル風のB、水商売のD、その次に、大学生のE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーお店で受付を担当しているC、
これは内緒ですが、三十代女性限定で五人へのインタビューを予定していたんですが、直前になってキャンセルを食らい、素早く駅前で「ライブチャットに関するインタビューをしたいので、時間をいただけないか」と何十人かの女性に呼びかけて、いかがわしいキャッチにも、二つ返事で了承してくれた、十代のEさん含め五人を集めました。
一番に、筆者が何か言う前に口を開いたのは3人の男性をキープしているBさん。
三十代のギャルB「ライブチャットを利用してるってことなんですけど、「みんな何がきっかけで使うんですか?私は貢いでほしくて今は三股してます」
楽しくてたまらない様子でとんでもないことを言うBさんに、あとの女性も尻込みしながら自分の体験談を語り始めました。
結婚しているA「私の場合は、単純に、主人だけだと寂しくてきっかけですね。倫理的に軽蔑されるのは目に見えているんですが何度も掲示板で呼びかけちゃうんです。」
B「ちょっと使うだけでずっと使いますよね」
筆者「ATM探してライブチャットに書き込む女性がほとんどなんですか?」
B「他の会いませんよね」
Bさんの発言を受けて、水商売のDさんがぽつりと、男性から見るとけっこうひどいことを言いました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司