女性専用テレホン レズ 人妻テレホン 逆援交

D(ナイトワーカー)「ブランドのカバンとかちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?わたしは、何人かに同じもの欲しがって1個除いてほかは売っちゃう」
筆者「…ショックです。お客さんのプレゼントが買取にだすんですか?」
D(ホステス)「でもさ、皆も質に流しますよね?単にコレクションしてもホコリ被るだけだし、流行が廃れないうちに売り払った方がバッグだって悲しいだろうし」
E(十代、国立大学生)ショッキングでしょうが、わたしなんですが、買取にだしますね」
C(銀座のサロン受付担当)ライブチャットを活用してそういった貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私は一度もトクしたことはないです」
筆者「Cさんの体験を聞きたいです。ライブチャット上でどんな人と交流しましたか?
C「高級レストランすら男性とは関わっていないですね。共通してるのは、プロフ盛ってる系で女の人と寝たいだけでした。わたしなんですが、ライブチャットを利用してまじめな出会いを求めているので、使っていたので、急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「ライブチャットにアクセスするのはどんな異性と出会いたいんですか?
C「調子乗ってるって承知で言うと医師の方とか法律関係の方とか国立大学に在学中の将来も有望な人がタイプです。
E(国立大に在学中)わたしはですね、国立大に在籍中ですが、ライブチャットにもまれに優秀な人がいないわけではないです。それでも、おすすめする相手でもない。」
インタビューを通じて判明したのは、コミュニケーションが苦手な男性をイヤな感情を持つ女性はなんとなく多数いるということです。
サブカルチャーに広まっている見える日本であっても、まだ個人の好みとして見方は育っていないようです。

関連記事

Post Media Link

無限 充司