自宅 OL ライブチャット テレエッチ 音声

筆者「まずは、参加者がライブチャットにのめり込んだわけをそれぞれインタビューしたいと思います。
顔ぶれは、高校を卒業しないまま、五年間自宅警備員を続けてきたというA、サイドビジネスで暮らそうと苦労しているB、小さな芸能プロダクションでレッスンを受講して、アクション俳優志望のC、すべてのライブチャットを網羅すると得意気な、ティッシュ配り担当のD、また、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
5人とも二十代の前半です。
A(普段は自宅から出ない)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットをしていたらいい感じの子を見つけたら向こうからアプローチ来て、そこであるサイトの会員になったら、直接コンタクト取ろうって話だったので、登録しましたね。それっきりその子からメッセージも来なくなっちゃったんです。ただ、他にも可愛い人出会いはあったので」
B(内職中)「最初の方はやっぱり僕もメールからでしたね。めっちゃ美人で好きでしたね。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトについては、サクラの多さで話題のところだったんですけど、そこまで問題なくて相変わらず使い続けています。
C(アクション俳優を目指す)「私なんですが、色んな人物を演じられるよう、ID取得しました。ライブチャットがないと生きていけないような役に当たってそれがきっかけです」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕の体験ですが、友人で使っている人がいて、話を聞いているうちに登録しました」
忘れちゃいけない、最後を飾るEさん。
この方なんですが、オカマだったので、正直なところ一人だけ全然違うんですよね。
ライブチャットをはじめとする出会いのためのコンテンツを使っている人達にお話を伺うと、大方全員が、孤独でいるのが嫌だから、わずかの間関係が築ければ、構わないと言う気持ちでライブチャットを選んでいます。
要するに、キャバクラに行くお金をケチりたくて、風俗にかけるお金も出したくないから、お金の要らないライブチャットで、「引っかかった」女性で安上がりで済ませよう、と思いついた男性がライブチャットという選択肢をを選んでいるのです。
逆に、「女子」サイドはまったく異なるスタンスを包み隠しています。
「熟年男性でもいいから、お金持ちで料理ができる人を彼氏にしたい。ライブチャットのほとんどの男性は確実にモテない人だから、平均くらいの女性でも手玉に取ることができるようになるよね…ひょっとしたら、イケメンの人がいるかも、キモメンは無理だけど、タイプだったらデートしたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
噛み砕いて言うと、女性は男性が魅力的であること、または経済力がターゲットですし、男性は「お手ごろな女性」を目標にライブチャットを適用しているのです。
男女とも、なるべく安価にお買い物がしたくて出会いを追いかけているようなものです。
結果的に、ライブチャットにはまっていくほどに、男性は女を「売り物」として捉えるようになり、女性も自分自身を「売り物」としてみなしていくようになり、転じていってしまうのです。
ライブチャットを使用する人のものの見方というのは、少しずつ女をヒトではなく「物」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。

関連記事

Post Media Link

無限 充司