h 掲示板 エロイプ 難しい ライブチャット ここ レズ 黒ギャルオナ

E「なんていったらいいかしら、見て分かるでしょうけどオカマなんでね、出会いっていってもほとんどないから。少数派なんで、ライブチャットだって使ったりしないと」
B(セドラーとして成功を夢見る)「Eさん関連で今出てきたんですけど」
筆者「うん?何か会ったんですか?」
「前に僕、一回だけなんですけど、女の人と思ったら女装したオカマだった経験しましたね」
騒ぐメンバー。
A「俺もびっくりした」
B「本当に会ったんですか?僕だけの経験だと思ってました。ウソつくの簡単なんで、言わなくても当たり前ですが異性との出会いが欲しくて、使い始めたんですけど、待ち合わせ場所決めて、公園へ向かったら、すごく大きくてタフそうなのが待ってて、戸惑って棒立ちになって見てたら、あっちの方から連絡した○○さんですか?ユミですって呼び止められてね」
筆者「女性との出会いを期待してたのにオカマに当たった…なんて表現はどうかと思うんですがゲイに捕まったとか、会ってみたら想像の斜め上をいっていた方は、ここでは何人いますか?」
挙手してもらうと、驚いたことに四人中三人も同様の失敗をしたと教えてくれました。
筆者「ライブチャット上には、女性のようにふるまうゲイやトランスジェンダーがけっこういるもんですね」
E「そうなのよ。そうじゃなきゃ出会いのチャンスもないから性別を偽ってでもいい人を探す。わたしだって出会いは欲しい」
特にアクの強い五人が参加し、あとは、ディベート合戦が交わされることになりました。
ライブチャット上では、性別に関係なく出会いを探している人が性の多様性が主張される中で急増しているみたいです。
ライブチャットに関して、登録する人の普段の考えは求めているのか。
気になる疑問を答えてもらうべく、ここで、ネット上で調査員をそろえ、都内にある珈琲店でインタビューを実施しました。
招待したのは、いつもライブチャットでアクセスするか、といった感覚の男女五人。
男性メンバーを見ていくと、フルタイムのA、離婚して子供を引き取ったB、ホストとしてまだ駆け出しのC、女性の方は、警備員の仕事をしているD、グラビアアイドルの卵Eを含む2人です。
インタビューを始める前に、筆者は五人の参加者に、簡単にアンケートをとって、その回答について、深く踏み込む形でインタビューを実施しました。
筆者「これからのことですが、問診の紙に、これまでライブチャット上で交流した男性が、二十人以上もいるというEさんの話を掘り下げていきたいんですが、どんな手段で複数の男性と出会ったんですか?
E(グラドルを始めて日が浅い)「わたしはですね、毎日相手を変えるんです」
筆者「日替わりってことは、毎回違う男性と違うって意味ですか?」
E「意欲がなくなるんです。ほかにも、もっと別にいい人いるはずって思ったら、連絡を切っちゃう。メッセ来ても、ネットだし、他にもいくらでもいるんだって考えたら何回も会うことないよなって」
自由にふるまうEさんの言葉を受けて、「ストーカーにあったりしないのか」と感心するCさん、Dさん。
そうして、Aさんが衝撃的な事実を筆者に話してくれました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司