電話でSEX テレフォンエロ ライブチャットー流出 無料でチャット人気

ライブチャットの利用者は普段の考えはどうなっているのか。
気になる疑問を解消しようと、こうやってネットを活用して調査員をそろえ、都内のカフェでインタビューすることになりました。
そろったのは、定期的にライブチャット上のアクセスするか、といった感覚の男女五人。
男性から紹介すると、会社勤めをしているA、子ども・離婚歴アリのB、新人ホストとして働くC、女性メンバーを紹介すると、警備会社で働くD、グラドルデビューしたてのEを加えた2人です。
手始めに、筆者の方から五人へ簡単なアンケートに答えてもらい、その答えから、聞いていく形で取材を敢行しました。
筆者「手始めに、回答用紙に、これまでライブチャットを介して知り合いになった男性が相当いるというEさんに詳しく話を伺いたいんですけど、どんな感じで不特定多数の男性と出会ったんですか?
E(グラビアアイドルの卵)「わたしなんですけど、毎日別の相手にしていくんです」
筆者「チェンジっていうのは、次の日は別の男性と乗り換えるってことですか?」
E「ウンザリするんです。それから、別の人で他にもいろいろいるだろうから、アドレスももういらない。それでも来ることあるけど、ライブチャットにはいくらでも相手はいるって思って何回も会うことないよなって」
常識にとらわれないEさんに、「ストーカーにあったりしないのか」とショッキングな様子のCさん、Dさん。
続いて、Aさんがショッキングな出来事を筆者に語ってくれました。
「ライブチャットを使っていたら頻繁にメールがいっぱいになった…どういうわけなのか?」と、あわてた経験のある方も少なくないでしょう。
筆者にも同じ体験はありますが、そういったパターンでは、使ったライブチャットが、知らないうちに何か所かにまたがっている可能性があります。
このように仮説を立てるのは、ライブチャットの大半は、サイトのプログラムにより、他のサイトに保存された個人情報をそのまま別のサイトに転記しているのです。
言うまでもなく、これは利用している人の望んだことではなく、完全に自動で登録される場合がほとんどなので、利用者も、全く知らない間に複数のライブチャットから知らないメールが
加えて、自動登録されるケースでは退会すればそれで終わりだと安直な人が多いですが、退会したところで、打つ手がありません。
しまいには、退会もできないシステムで、他のライブチャットに情報が流れ続けます。
アドレスを拒否リストに振り分けてもそんなに意味はありませんし、さらに別のメールアドレスを利用してメールを送るだけなのです。
一日で受信箱がいっぱいになるほどくるまでになった場合は何も考えず慣れ親しんだアドレスを変えるしかないので用心深く行動しましょう。

関連記事

Post Media Link

無限 充司