電話で女王様とテレエッチ sex 美女 テレホンしてくれる人の番号 って会える

ライター「ひょっとして、芸能人を目指している中で売れていない人って、サクラで生計を立てている人が大勢いるのでしょうか?」
E(とある有名人)「そうだと思いますね。サクラで生計を立てるって、シフト比較的自由だし、私たしみたいな、急にステージの予定が入ったりするような仕事の人種には最高なんですよ。事前に読めない空き時間にできるし、人生経験の一つになるし…」
C(とある現役アーティスト)「経験になるよね、女性としてコミュニケーションを図るのは骨が折れるけど自分は男目線だから、自分の立場から言われたいことを相手に伝えればいい訳だし、男側の気持ちはお見通しだから、男性も簡単に食いつくんですよね」
A(メンキャバ一スタッフ)「本当は、女性のサクラをやっている人は利用者の心がわかってないから正直下手っすよね」
ライター「女のサクラより、男性のサクラが優秀なのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「はい、そうです。優れた結果を残しているのは大体男性です。だがしかし、僕は女の人格を演じるのが苦手なんで、いつもこっぴどく怒られてます…」
E(とある芸人)「もともと、ほら吹きが成功する世界ですね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺たちも苦労してます」
筆者「女キャラクターを演技するのも、かなり苦労するんですね…」
女の子の人格のどうやって作るかの話で盛り上がる彼女ら。
その話の中で、ある言葉をきっかけとして、自らアーティストと名乗るCさんに好奇心が集まりました。
筆者「まずは、全員がライブチャットで決めたとっかかりをそれぞれインタビューしたいと思います。
今日揃ったのは、高校をやめてからというもの、五年間ほぼ自室にこもっているA、「せどり」で暮らそうと奮闘しているB、規模の大きくない芸能事務所でレクチャーを受けてアクション俳優を志望しているC、アクセスしたことのないライブチャットはないと自信たっぷりの、ティッシュ配り担当のD、ほかに、新宿二丁目で水商売をしているE。
誰もが二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自宅パトロール中)「今は自宅の警備しかしていないんですが、ネットを浮遊しててすごいタイプの子を見つけて相手の方からメールをくれたんです。それから、あるサイトのアカウントを取ったら直接メールしていいって言われたので、ID取ったんです。それっきり相手と連絡が来なくなったんですよ。それでも、他にも何人かやり取りしたので」
B(転売に挑戦中)「ライブチャット始めたころはやっぱり、自分もメールのやり取り中心で。モデルかと思うくらいきれいで、ストライクゾーンばっちりでした。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトの場合、ツリに引っかかる人も多くて、そこまで問題なくて相変わらず利用しています。
C(俳優になる訓練中)「私についてですが、役作りになるだろうと思ってID取得しました。ライブチャットでさんざん悪用する役をもらって、それで自分でもハマりました」
ティッシュ配りD「僕については、先に利用していた友人にお前もやってみろって言われているうちにどんどんハマっていきました」
最後に、トリを飾るのがEさん。
この人は、オカマだったので、正直なところ一人だけ参考にはならないかと。

関連記事

Post Media Link

無限 充司