電話 えろ お試し 個室 チャット 2人 香川掲示板 電話 テクニック エロイプ テレフォン 札幌 円光 潮吹

今朝取材拒否したのは、ちょうど、いつもはステマの正社員をしていない五人のおじさん!
集まることができたのは、昼キャバで働くAさん、普通の大学生Bさん、売れっ子クリエイターのCさん、音楽プロダクションに所属しているはずのDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に、始めたキッカケをうかがっていきましょう。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(メンズクラブ勤務)「おいらは、女性の気持ちが分からなくて開始しました」
B(普通の大学生)「僕は、稼げれば何でもやると思ってスタートしましたね」
C(シンガーソングライター)「オレは、ロックミュージシャンをやってるんですけど、もうベテランなのに丸っきり稼げないんですよ。大物になる為には脚光を浴びない所からこつこつ下積みするのがベストなんで、、こうしたバイトもやって、ひとまずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「わしは、○○って音楽プロダクションに所属してギタリストを辞めようと考えているんですが、一度のライブで500円しか受け取れないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトをやろうと考えました」
E(中堅芸人)「お察しの通り、わしもDさんと似たような感じで、お笑いコントやって一回数百円の倹しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、ステルスマーケティングのバイトをすることを決心しました」
よりによって、メンバー五人中三人がタレントプロダクションに所属中という普通のメンバーでした…、やはり話を聞いてみたところ、五人にはサクラ独自のおもしろエピソードがあるようでした…。
この度は、ライブチャットに割と親しんでいるという十代から三十代まで幅広い女性にインタビューを行いました。
メンバーについては、夫がいるA、ギャル風で3人の男を手玉にとるB、水商売で稼いでいるD、忘れちゃいけない、国立大に通うE。銀座のリフレクソロジーサロン受付担当のC、
これはこぼれ話ですが、三十代女性限定で五人迎えたかったもののドタキャンによって、手早く駅前で「ライブチャットについてのインタビューを受けてほしい」と何十人かの女性に呼び込みをして、いかがわしい声掛けにもスルーせずにいてくれた、十代のEさんを加えた五人を迎えました。
一番に、筆者の挨拶よりも先に口火を切ったのは3人の男性を騙しているBさん。
三十代のギャルB「ライブチャットを利用してるってことなんですけど、「みなさんはどうしてログインするんですか?私はお金目的で今は三股してばれてません」
笑って暴露するBさんに他の4人も微妙なテンションで回答しだしました。
結婚しているA「私に関しては、事実浮気に興味があって始めたんですよ。親しい友人にもアウトだってわかるんですけど、何度も掲示板で呼びかけちゃうんです。」
B「一度アクセスすると常習化しますよね」
筆者「ATM探してライブチャットを始める女性ばっかり?」
B「お金目的じゃなきゃ目的あります?
ここで、キャバクラで稼ぐDさんがぽつりと、男性的には驚愕の真実を付きつけました。

関連記事

Post Media Link

無限 充司